イソフラボンを含有する食品とその目安量

イソフラボンを摂取することによって健康や美容を維持していきやすくなるということはよく知られるようになりました。
食事から摂取していきたいというときに最も注目されるのが大豆であり、積極的に摂取を続けていく人もいます。
しかし、イソフラボンを過剰に摂取してしまうことによって男性の場合には女性化乳房など、女性の場合には癌のリスクの上昇などの危険性も示唆されるようになっていることは知っておく必要があるでしょう。
そのため、イソフラボンを含有する食品は上限目安量を守って食べていくということが大切になります。
一日の上限目安量として掲げられているのが70mgから75mgであり、50mgを摂取するのが望ましいとされている量です。
含有食品として典型的なものについてどの程度を食べれば摂取できてしまうのかは知っておくと役に立ちます。
イソフラボン含有食品として有名な豆腐は200g、納豆は2パック、豆乳は300mL、油揚げは5枚といった量で目安量以上、上限目安量以下に収まる量が摂れてしまうのです。
味噌10gで3mg程度が摂れることに加えて、醤油にも含まれていることから意外に少ない量で十分にイソフラボンを摂取できることは覚えておくと良いことです。